クリアンテデオドラントボディクリーム 市販 クリーム

においの原因

食生活

原料的に汗臭さ・体臭をなんとかするなら、まずは食生活を見直す責任が有ります。体臭の原因となるのは、

 

・脂質の多い食べ物(てんぷら・スナック菓子クオリティ)
・製造食品(お菓子や科学薬味)
・臭いがわずらわしい食べ物(にんにくなど)

 

上記だ。食べ過ぎるという、僕体からキツイボルテージをあげるようになるので、取り過ぎないようにしましょう。(断然油っぽいものは皮脂の分泌が際立ち、皮膚の上で酸化してしまいキツイ臭いがするようになります)

 

食事からの脂質の摂取体積が多いと、臓器脂肪・皮下脂肪・血液中瞬間の脂質を増えてしまうだけでなく、 皮膚から分泌なる皮脂も増えて仕舞う。
皮脂が多くなり過ぎると、皮脂が酸化されたときのニオイも当然強くなって仕舞う。
皮脂を押さえ付けるためには、食事中瞬間の脂質を取り過ぎないようにする必要がありますね。

 

お風呂をシャワーだけですませる

夜は疲れてだるい・朝は時間がない、という理由から入浴はシャワーだけで済ませる人はかなり多いです。
但し、これだと体内に居残る体臭・汗臭さの元に上るカタチ体は完全に出て行かず、体に残留しやすくなる。

 

シャワーは汗を現すには効果的だが、入浴が伴わないために汗をかくことがありません。そのため、毛孔の裏に溜まった不純物を洗い流せず、体臭に繋がります。
その結果、いくら体を洗っても少ししたらまた臭いが出てくる・なんてことにつながります。

 

頭皮を正しく洗えていない

思っている以上に、頭皮はニオイを放ちます。しかも自分まずはだいたい嗅ぐことはできないので気づきづらく厄介な事柄ですね。スピリット中が汗臭くなるのは、蒸れたり新陳代謝したりすることが原因。

 

酸化した皮脂や汚れが、フィーリングを発しているのです。私たちの腕や額と同じで、頭皮からは皮脂が分泌されています。
毛孔の値も非常に数多く、その分だけ皮脂の分泌値も多くなってある。

 

通常はシャンプーで皮脂を取り除きますが、余分な皮脂が取り去りきれず毛孔に溜まって仕舞うこともあります。
それが汚れとなって重ね、酸化して仕舞う。

 

つまり、皮脂や汚れをちゃんと洗い落とさなければいけません。
どうしても食用油が酸化を起こしますが、それと同じことが頭皮で起こっているのです。
これが、香りの原因になります。

 

また、毛孔に溜まった皮脂汚れが元で雑菌が繁殖し、不衛生な状態になっている場合もあります。
勿論香りのルーツになります。
汗をかくって、人体から不愉快香りを轟かせるのと同じです。

 

汗を放置している

大変有名になってきた話ですが汗臭さの原因は、『汗』という液体から発せられて増えるわけではありません。
出た汗が、汗の出口 周辺にある不純物という混じると雑菌が発生しやすくなります。

 

かいた直後の汗は無臭も、放置すると黴菌が増加して臭いの原因になります。
そんな時に、消臭剤を使い過ぎてしまうと見た目に必要な「皮膚常在黴菌」がいなくなり、臭気の元となる黴菌が増加して、不愉快臭いの原因になります。

 

この職歴、雑菌特有の不愉快臭いがそこから発せられ、『汗臭い』といった得るようです。

 

 

 

トップに戻る

においの原因記事一覧

わきが・体臭の対策

わきが・体臭対策ワキガのそば度にもよりますが、ある程度ニオイを防ぐことは可能です。出だし的にはワキガと体臭の対策は同じです。夜、ボディーを洗う時は、「重曹石鹸」って「ミョウバン石鹸」を使うことをおすすめします。皮膚における有り難い桿菌(皮膚ブドウ球菌)は、日頃の入浴で殆ど洗い流されてしまいい気味だ。...

≫続きを読む