クリアンテデオドラントボディクリーム 市販 クリーム

わきが・体臭の対策

わきが・体臭対策


ワキガのそば度にもよりますが、ある程度ニオイを防ぐことは可能です。
出だし的にはワキガと体臭の対策は同じです。

 

夜、ボディーを洗う時は、「重曹石鹸」って「ミョウバン石鹸」を使うことをおすすめします。
皮膚における有り難い桿菌(皮膚ブドウ球菌)は、日頃の入浴で殆ど洗い流されてしまいい気味だ。
なので望ましい桿菌をとことん守り抜きつつ、皮膚を清潔にする、正しいワキの洗顔方をご批評する。

 

・重曹石鹸で洗う
重曹が入った石鹸を、一寸ポイントに取り、優しくワキの上ですべらせます。そして、お湯をつぎ込み、石鹸を落とします。
この時、必要以上に皮膚をこすったり、すすぎすぎたりしないように下さい。

 

・ミョウバン石鹸で洗う
次に、ミョウバン入りの石鹸を、一生懸命泡立ててワキを落とし、お湯で流します。
ミョウバンとして落とし積み上げる成績、ワキから発生するニオイ対策になります。

 

※重層といったミョウバンのパターンによる洗顔方だ。とも、ワキだけでなく、体心的を洗う場合でも使えます。
※2つ向き合うのが面倒な場合は、重曹石鹸とミョウバン石鹸のどちらか一方でも構いません。

 

また立ち寄る前に制汗アイテムを使います。
濡れたクロスやウェットシートでワキを拭き取った後に、制汗ジェットやクリームなどを塗り付けましょう。

 

お風呂に入った後は、ワキが清潔な状態だが、夜寝ている間に汗をかく成績、ワキで雑菌が繁殖やる可能性があります。
制汗物を使う前に、雑菌をきっちり拭き取るようにしましょう。

 

濡れたクロスや、ウェットシートを使うという、雑菌が奪い取りやすいだ。
そうして出だし的には、ニオイを感じる前に、汗をこまめに拭きとることが大切だ。

 

ワキガの方の汗は、アポクリン腺から分泌され、その時ニオイの原因となるバイ菌の増幅を助けるエサ(たんぱく質など)も同時に分泌されます。
バイ菌が繁殖する前に取りましょう。ただし、拭き方にはキーがあるので、以下の方法で拭くようにしてください。

 

@汗で体温がさがるのを待つ
汗をかいたらすぐには拭かず、ポツポツ待ちます。汗は、体温を引き下げるベネフィットを持っているので、一気に汗を拭くという、体温が下がらない成績、どっさり汗をかいてしまいます。

 

A濡れたクロスやシートでワキをふく
外出後々などで、ワキのニオイが気になってきた場合は、まずはワキを濡れたクロスやウェットシートで奪い取りましょう。
ワキガのニオイのもとは雑菌ですので、におってきたらワキでバイ菌が繁殖やる証拠にもなります。
増大したバイ菌を拭き取らないといった、制汗製品のベネフィットが薄れます。
バイ菌は濡れていらっしゃるクロスやシートの方が、思い切り拭き取れます。

 

※ワキガのニオイがよく気にならないそば度の方は、滅菌効果のあるシートを使うって、ニオイが強くなることがあります。皮膚における、嬉しいニオイを出す素肌ブドウバイ菌まで拭き取られてしまうためです。

 

B制汗物を扱う
ワキが清潔として、制汗スプレーや制汗クリームをつけます。

 

※ウエアに汗がついている状態※
ウエアに汗が染みこんでしまっている場合は、着替えた方がワキガ対策には良いだ。
ウエアに雑菌がついているという、ワキを清潔として制汗物に因るとしても、同じウエアを着たらまたバイ菌が増大し易くなります。
簡単に着替えられる肌着の替えを努め、ニオイが根性として一気に着替えられるようにするという良いでしょう。

 

食事にも気を配りましょう

 

肉、油っこい物質、動物性たんぱく質(ミルク、バター、チーズ)は、摂り過ぎるとワキガの原因となる汗腺(アポクリン腺)を刺激し、アポクリン腺から分泌される汗が増えてニオイが発生しやすくなると言われています。

 

それらの食べ物は穏やかにし、野菜・果物・植物性のたんぱく質(大豆)を食事に取り入れましょう。
おすすめの食べ物は下記のようなものです。

 

・緑黄色野菜
・梅干し
・バナナ
・大豆
・こんぶ

 

しかし、上記の物質ばかり食べれば良いのではなく、栄養のバランスが偏らないように食事することが重要です。

 

トップに戻る

わきが・体臭の対策記事一覧

わきが・体臭のふさわしいケア方法

ワキガのケア方法必要なのは制汗、消臭効果のある消臭一品だ。この消臭製品に何を選ぶかは極めて重要で、わきが臭のきつい人は極力強力専用のものを選びたいですし、軽々しい人は薬局で販売されている消臭成分入りの制汗剤でも何とかなるかもしれませんが、根底的には専用のものが良いでしょうね。この消臭一品といったさら...

≫続きを読む